平成22年10月21日



  職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
1.計画期間
 平成22年11月1日から平成25年10月31日までの3年間
2.内  容
目 標 1 働きながら子育てに関わることができるように所定外労働の削減のための措置を実施する。
<対策> 平成23年 1月〜 所定外労働の原因分析。 
平成23年 4月〜 NO残業日を設定する。
目 標 2 子どもの急な発熱や病気などの看護のため休暇を半日単位で取得できるよう制度改正を行う。
<対策> 平成23年 1月〜 検討開始、情報収集。 
平成23年 5月〜 制度改正の手続き、職員への説明を行う。