■会 員
[酒田商工会議所定款]第2章 会員 より 抜粋

(会員の資格)
第10条 本商工会議所の地区内に引き続き6月以上営業所、事務所、工場又は事業場(以下「営業所等」という。)を有する商工業者は、本商工会議所の会員となることができる。ただし、次に掲げるものであって、常議員会の承認を得た場合は、本商工会議所の会員となることができる。
(1) 本商工会議所の地区内で事業活動を行う次に掲げる団体
 @協同組合
 A信用金庫
 B労働金庫
 C公社
 D経済関係団体
 E医療法人
 F社会福祉法人
 G弁護士法人
 H監査法人
 I税理士法人
 J特許業務法人
 K産学連携、商工会議所事業等に関わる学校法人
 L地域経済の発展、教育・文化・学術の振興、医療・福祉の増進等に資する社団法人
 M地域経済の発展、教育・文化・学術の振興、医療・福祉の増進等に資する財団法人
 N地域経済の振興等に資する中間法人
 Oまちづくり、教育・文化・医療・福祉等の活動を行う特定非営利活動法人
 P観光資源等として地域経済の発展に貢献する宗教法人
 注)株式会社、有限会社、合資会社、合名会社形態であるものを除く。
(2) 本商工会議所の地区内で自己の名をもって事業活動を行う次に掲げる個人
 @医師
 A歯科医師
 B助産師
 C弁護士
 D公認会計士
 E司法書士
 F税理士
 G行政書士
 H弁理士
(3) 本商工会議所の地区内に引き続き6月に満たない期間営業所等を有する商工業者

(会員のその他の権利)
第15条  会員は、その営んでいる事業に係る本商工会議所の部会に所属し、その部会に出席して意見を述べ、又は表決に加わる権利を有する。